KID ACADEMY 採用サイト

SPECIAL NEEDS EDUCATION

児童発達支援事業とは?

2012年の改正児童福祉法に基づき、障害を持った未就学児を対象に、
日常生活における基本的な動作や知識を身につけるための指導や、集団生活への適応支援を行う事業です。
大きく分けて福祉型と医療型の2つの通所施設があり、発達障害の児童が対象となるのは主に福祉型です。
福祉型はさらに児童福祉法で定義される児童福祉施設にあたる児童発達支援センターと、
それ以外の施設である児童発達支援事業所に分けられます。
市区町村から障害福祉サービス受給者証を交付された利用者は、
国と自治体からの給付により1割負担でサービスの利用が可能です。

ロゴ

KID ACADEMY(キッド アカデミー)は……

児童発達支援事業所(放課後等デイサービス)として、発達障害を改善へと導くサポートを実施。
脳科学に基づいたカリキュラムで、一人ひとりの子どもに最適な教育を実践しています。

SPECIAL NEEDS EDUCATION

SPECIAL NEEDS EDUCATION

発達障害は改善が見込める障害です

KID ACADEMYでは、1日あたり10名の未就学児を3、4名のスタッフでサポートしています。「発達障害は生まれつきのものなので、改善できない」という考えが根強いなか、我が子が発達障害と診断され、希望を失ってしまう保護者が多いのは事実。しかし、実際には環境の変化や知能の向上により、改善が見られるケースが少なくありません。そこで、私たちは児童が持つ能力の底上げを図ることで、症状の改善を目指しています。

実際のお仕事は?

・児童発達支援事業所(放課後等デイサービス)でのお仕事です。
・未就学児が対象です。
・1日10名の児童を3、4名のスタッフでサポートします。

  • 発達障害は改善が見込める障害です
  • 発達障害は改善が見込める障害です
  • 発達障害は改善が見込める障害です

SPECIAL NEEDS EDUCATION

科学的根拠に基づいた教育型改善プログラム

KID ACADEMYでは、脳科学の知見に基づいて療育カリキュラムを作成し、愛情トレーニング、空間認知トレーニングなどを実施しています。そもそも発達障害とは、脳の成長が影響して引き起こされる脳機能障害。成長が遅れている部分の機能を平均値近くまで高めることで、改善が見込めます。KID ACADEMYの教育型改善プログラムは、脳の発達段階に対応した内容になっているため、より効果的なアプローチができるのが特徴です。

どのような教育をしているの?

・科学的根拠のあるカリキュラムに沿って、教育を実施します。
・愛情トレーニングや空間認知トレーニングなどを行っています。

  • 科学的根拠に基づいた教育型改善プログラム
  • 科学的根拠に基づいた教育型改善プログラム
  • 科学的根拠に基づいた教育型改善プログラム

SPECIAL NEEDS EDUCATION

親と子の前進をサポートできる喜び

「家庭でどんな風に接したらいいのか、わからない」「悩みや不安を共有できる相手がほしい」。我が子の成長に不安を感じる保護者に寄り添うことも、私たちに求められる重要な役割です。お子様の今の状況を明確にお伝えしながら、お子様をともに育てるパートナーとして、質の高い支援の提供に努めましょう。お子様の笑顔はもちろん、親御さんの笑顔も、この仕事を通して得られる大きな喜びの一つです。

  • 親と子の前進をサポートできる喜び
  • 親と子の前進をサポートできる喜び
  • 親と子の前進をサポートできる喜び

RECRUIT

私たちと一緒に働きませんか?

「子どもたちと関わる仕事は初めて」「資格はあっても経験がない」という方も歓迎です。「子どもたちの成長を見守りたい」という想いを携えて、ご応募ください。