スタッフインタビュー

当社は時流と共に成長している企業!魅力がたっぷり、やりがい◎

宮原 匠さん
品質保証室
室長
食品安全チーム リーダー
2012年 中途入社

どんなことにも挑戦!常に前向きに楽しく働こう

Q.入社のきっかけを教えてください。業務上心掛けていることはなんですか。

私は前職であった食品製造業で学んだノウハウを生かそうと考えて、新工場が出来るということもあり、その一員として立ち上げをしていこうと決意し入社いたしました。

最初の配属は加工課へ所属、その後営業課、今は品質保証室へ異動となりました。色々な部署へ異動するたびに自分におかれている役割、人との関わりなどを勉強することが出来たり、気付かされることが多かった気がします。

今、心掛けていることは社員との円滑なコミュニケーションを取ること。
メンバーの力を引き出すためには、こまめに話しかけ、存在承認することが大切です。また話をすることによって相手のいろんな考えが見えてくることがあります。それにより、お客様からの指摘なども迅速に対応し、メンバーと一緒に取り組み、再発防止に向けて、日々成長しています。

Q.業界内における御社の強みはなんですか。

今までは業務用、スーパー用、コンシュマー用を生産。業績好調で出店の続くコンビニさんに目を向け、弊社の品質、衛生を強みにアピールし、昨年からはコンビニベンダー様と取引が始まりました。
取引に求められるものとして、品質、安全面においてカット野菜に対する要求事項も高くなり、いろいろな基準値、温度管理、生産管理、品質管理基準などにより評価が行われます。
他にも検査、確認も行い何もなければ取引できる流れになっております。
その他にも働き方改革、IT化・機械化の導入など色々と取り組んでまいります。
常に先を考えて、今なにが必要かを考えていかなければいけないと思います。

やるべきことはすぐに実行すること!

小森 克也さん
加工グループ
生産チーム サブリーダー
食品安全チームメンバー
2014年 新卒入社 
現在、下処理の現場監督
Q.どんなとき、どんなことに仕事のやりがいを感じますか。仕事において大事にしていることを教えてください。

弊社で生産した野菜を使った商品がスーパーやコンビニで棚に陳列されている状況を見たときです。
私たちが加工した商品がお客様の口に入ることを考えると、より一層良いものを作らなければならないと思います。
仕事において大事にしていることは、現場は生き物であり、急な追加の発注、原料の不良などトラブルによって状況は変化します。そんなトラブルにも対応できるように前もって余裕を持てるように作業をするようにしております。

Q.入社してよかったことについて教えてください。今後の目標を教えてください。

風通しの良い会社であり、意見を提案しやすいことです。
以前、加工グループで2交替制から3交替制に変えた方が生産の負担が減るのではないかと
提案したところ、その意見が反映することになりました。
なかなか一社員の意見が通ることはないと思っていたのですが、
通していただけたことに会社の柔軟性を感じました。

今の部署の作業効率を上げて生産性を上げることです。
各野菜の下処理時間をまとめ、それらのデータをもとに標準時間を設定します。標準時間を設定することで作業員にどのくらいの時間でどのくらいの量を処理しなければならないかを理解させて生産性を上げていきます。また、弊社ではFSSC22000の規格を認証されており、内部監査員になるべく知識を深めていこうと勉強中です。