スタッフインタビュー

子どもが小学生まではパート、手が離れてからは正職員に

名前:福田実紀子(ふくだみきこ)
勤続11年
職種:看護職
看護学生時代の実習でお年寄りと接することが楽しかった

もともと看護師だったのですが、子どもが生まれて夜勤ができなくなり、看護の資格を活かせる職場を探していてこの仕事と出会いました。看護学生時代に老人介護の実習経験があり、お年寄りと接することが楽しかったので、こちらでもお役に立てると思いました。

普段はご入居者様の病院受診の付き添いや服薬管理、処置など健康管理を主に行っています。
毎朝子どもが学校に行ってから出勤し、5時半で仕事を終えて家に戻るので、仕事と家のことは無理なく両立できています。

自分のやり方で成長できる、一人ひとりにチャンスがある職場

名前:黒川睦史(くろかわよしふみ)
勤続4年
職種:ケアマネージャー(リーダー)
入職5年でケアマネの資格を取得、「教育と研修が充実」

スタッフ教育や研修が充実していることに魅力を感じ、入職を決めました。私はこの仕事に就く前に専門学校で介護福祉士の資格を取っており、さらに現場で5年間働いてケアマネージャーの資格を取得しました。
ケアマネージャーの仕事は、在宅で介護を必要とする方が、介護保険サービスを受けられるようにケアプラン(サービス計画書)の作成や、サービス事業者との調整を行うものです。私はそれに加えて、ケアマネリーダーとして職員の研修や勉強会を行っています。また外部の方々を対象にした講座など啓発活動も実施しています。

「人に感謝される仕事がしたい」という思いから介護業界を志望

名前:古谷野拓馬(こやのたくま)
勤続3年
職種:介護職(ユニットリーダー/チューター)
経験や知識がなくても少しずつ学んでいけます

新卒で入職後、今年で3年目となり、今年度からはユニットリーダー、および新卒担当のチューターとして働いています。大学が福祉系だったこともあり、「人に感謝される仕事をしたい」と思い、この業界を選びました。

入職当時は、入居者様の食事・排泄・入浴の介助から仕事を始めました。最初は先輩職員が教えられたことを理解できず、わからないこともたくさんありましたが、現在はよりよい対応を教えられるようになり、自分の成長を実感しています。介護の経験や知識はゼロでも、徐々にきちんと学んでいけます。