インタビュー

暮らしに欠かせない神戸市民の足としての「市バス」の魅力を現役運転士に伺いました。

神戸交通振興の看板を背負い緊張感を持って業務に取り組む黒岩運転士に語っていただきました。

魚崎営業所 黒岩運転士(2018年入社) ※2020年7月取材
長年トラック運転手として勤務の後、バス運転士に転向。民間バス会社で路線バスの運転士として6年半勤務したのち、神戸交通振興へ入社。現在は魚崎営業所で市バスの運行に従事。
休日は家族サービスもしながら充実した日々を過ごす。
神戸交通振興で働くことになったきっかけは?
「今まで培った運転技術を活かしスキルアップをしたい」と思い転職しました。民間バス会社では路線バスの運転士として6年半勤務しました。神戸は山道が多く、坂道で止まる練習は以前か...