「かっこいい!」を仕事にした私。

草ケ谷運転手

2014年入社

前職は飲食業。
大型車の運転は全くの未経験という状態から、バス運転手への挑戦でした。

制服を着てバスを運転する自分を思い描いてみた

転職のきっかけは…

以前は飲食業で働いていた私。
転職のきっかけはバス運転手募集の広告を見た時に「制服を着てバスを運転している自分ってかっこいいかも」って思ったから。
もちろん、全く経験した事のない大型車の運転や、実際にお客様を乗せて走るという事に不安はありました。
でも参加した説明会で不安が払拭された事、そしてその説明会でお会いした運転手さん達の雰囲気が良かったことも後押しして、チャレンジする事を決めたのです。

入社後は、基礎からの研修で覚える事も多く大変ではありましたが、周りの方々に支えられて無事修了。
今では運転手として、毎日お客様を乗せて走っています。
乗務中は多くのお客様に声を掛けていただいたり、分からない事や困ったことがあっても先輩運転手に助けていただいたり。
バス運転手って、人の繋がりを肌で感じられる仕事だなあって思います。

責任は「誇り」

バス運転手になって大きく変わったと思う事は、“仕事に対する責任”です。
お客様一人一人を安全に目的地までお送りするという事。
当たり前のことかもしれませんが、私達運転手にとって一番大切な事であり、責任のある事です。
この事を重荷に感じるのではなく、誇りと捉えられている自分が今はいます。

今後の目標としては「高速バス」に乗務する事。
それに向かって日々運転技術を磨く毎日です。
より“かっこいい自分”を目指して。
これからも日々精進していきます。

一覧ページへ