泉屋での働き方についてお仕事紹介

Works

泉屋での働き方についてお仕事紹介

「泉屋って何屋さん?」
私たちの仕事内容を詳しくご紹介します!

仏壇・仏具販売

宝暦4年(1754年)より続く泉屋の歴史は、仏壇の販売から始まりました。泉屋の要である仏壇・仏具販売の仕事は、販売職と営業職に分かれています。販売職は店舗に来られたお客様に、仏壇やろうそく・線香といった商品のご案内を行い、営業職は、お寺などを回り仏具などを販売します。当社で取り扱っているのは、大切な方をしのぶためのお品がほとんど。ご対応にはお客様の気持ちを汲みとるなどの丁寧な心配りが要求されます。とはいえ、接客数はそう多くはありません。店舗の場合、お盆のもっとも多い時期でも1日に20名程度。営業の場合、1日に回るのは1、2件。一人ひとりのお客様と時間をかけて向き合う接客がしたいと考えている方に最適です。

仏壇・仏具販売

葬祭事業

葬儀の形は時代とともに移り変わっていきます。かつては地域ぐるみで盛大に行われることが多かったものですが、現在では家族だけで執り行う静かな葬儀を求める方も増えてきました。泉屋は時代の流れに対応しつつも、その根底にある「親しい人を悼む気持ち」に寄り添うことを大切にしています。悲しみに暮れておられるご家族様が、式の手配に追われることなく故人をゆっくりしのべるように、サポートするのが我々の役割。葬祭事業では、終活の会場や病院などで葬儀のご紹介をする営業職と、お式を執り仕切るディレクターが活躍しています。「心を込めた接客がしたい」そんな気持ちを持った方にぴったりの仕事です。

葬祭事業

霊園・墓石事業

「大切な人のためにお墓を建てたい」「生前に準備しておきたい」「遠方のお墓を、もっと頻繁に行けるように自宅の近くへ移したい」など、霊園・墓石に対するお客様のご要望はさまざまです。また近年では、花の模様や好きな言葉を彫り込んだ洋風の墓石をご希望されたり、樹木葬を選ばれたりと、お墓の様式自体も多種多様となってきています。この霊園を選んでよかったと、心から思っていただくためには、お客様の想いをしっかりと受け止めて、最適なご提案をすることが不可欠。加えて、長年親しんでいただく場所であるため、霊園の掃除や片づけといった、日々の細やかなサポートも重要です。自社施工部や、仏壇部、葬祭部と連携を取りながら、お客様のお気持ちに寄り添い、ご要望に応える。そんな接客をしたいという方は是非、この部署で手腕を発揮してください。

霊園・墓石事業