ABOUT TEA日本茶について

抹茶で広がる生活 誰もが愛する究極の飲み物

私たちの生活に身近に存在している抹茶。そのコクのある旨みと深みのある香りは、日本国内だけでなく世界中の方から愛されています。近年では美容・健康面で注目を浴びるほか、スイーツやお菓子、ワインなど幅広い用途で使われている抹茶ですが、その原料について知っている方は意外と少ないのではないでしょうか? 抹茶は「碾茶」(てんちゃ)の茶葉を石臼で挽いて粉末状にしたものを指します。碾茶は高級茶で知られる玉露と同じく、茶園の上に覆いをかけて(覆下栽培)育てられます。日光を遮ることで苦み成分が増えることを抑えられるため、一般的なお茶よりも旨味を感じられるお茶になります。

宇治茶の歴史 気候と文化が育んだ名産地

抹茶の歴史は宇治茶の歴史。そう語られることも少なくありません。鎌倉初期に栄西禅師が中国からお茶の種を持ち帰ったことから、日本でのお茶の歴史は始まります。

高山寺の明恵上人はこのお茶の種を譲り受け、日本各地にお茶の栽培を広めました。なかでも宇治周辺は地形や寒暖差などがお茶の生育に適していたことから、室町時代には足利義満が特に優れている茶園を宇治七名園と指定しました。

また、安土桃山時代には、千利休により「茶の湯」が大成されます。茶道は織田信長などの著名な戦国武将に愛好され、宇治の「抹茶」は茶人の間ではなくてはならないものへと広まっていきました。

その後、江戸時代には茶業家であった永谷宗園が、旧来の釜炒茶から、蒸して手もみをする製茶法(宇治製法)を生み出しました。現在の日本で飲まれている緑茶の大半は、この「宇治製法」を基にした製法で作られています。

これを機に煎茶の製法が次々と改善され、江戸時代後期には玉露がつくられるなど、宇治は日本を代表する名茶産地となっていきました。

宇治 白川産の茶葉 茶葉の品質を支える白川の恵み

堀田勝太郎商店が位置する宇治・白川地区は、川霧の立ち込めるような温暖で水はけの良い傾斜地です。宇治のなかでも日中の寒暖差が大きく、その気候風土は名茶を生みだす絶好の自然条件を備えています。そんな白川地区の茶畑はこの土地で伝統的に受け継がれてきた覆下栽培でつくられる茶葉が特徴です。

今では碾茶を作る手法として一般的な覆下栽培ですが、戦国時代には宇治の限られた茶師のみにしか覆下栽培での茶葉の生産は許されていませんでした。この手法でつくられた碾茶は旨味成分が豊富で「覆い香」と呼ばれる抹茶独特の香りを楽しむことができます。そのため、将軍家や大名など当時の上流階級の人々に愛好されました。

合組(ブレンド)で
深まる味わい 茶葉に命を吹き込む匠技

「合組(ごうぐみ)」とは、産地や品種、生産年等で異なる荒茶(製品に仕立てる前の段階の茶)の個性を見極め、茶葉を組み合わせること。いわばブレンドの工程です。お茶は通常、一種類の茶葉だけでつくられるわけではありません。香りが高いもの、味にコクがあるもの、発色が鮮やかなものなどその個性は実にさまざまです。それぞれの長所が調和するようバランス良くブレンドすることによって、一つの茶葉では生むことのできない味わいと香りを生むことができるのです。またお茶は農産物ですから、毎年できあがる味には微妙な違いがあります。茶師はその年の荒茶の特性を五感と経験を活かして敏感に感じ取っていきます。お客様が求める味わいを実現するため、どのような茶葉をどのように配合するのかを吟味する、これが匠の腕の見せどころなのです。

豊かな自然とお茶の旨み 茶葉の個性が育まれる環境

宇治茶のなかでも、茶葉が育つ環境によってその味は大きく異なります。木津川沿いで育つ茶葉は「浜茶」とも呼ばれ、さえた緑色が特徴です。砂地で水はけが良いことから、養分の吸収・浸透が早く、力強くもすっきりした旨みが生まれます。上流から運ばれる『ニコ』と呼ばれる肥沃な土が、お茶の栽培に適した豊かな土壌を育んでいます。

一方、宇治・白川産の茶葉は日光を遮る覆下茶園でじっくり育てられることで、山の茶葉らしい甘みを含んだ味わいに仕上がります。また、山あいの土地は寒暖差が大きいため、茶葉の香り成分が引出され、香り高いお茶がつくられます。

▲