株式会社サンブレラ 採用サイト[採用・求人情報]

求人検索

スタッフインタビュー一覧

なりたい自分に近づける、チャンスの多い職場です。

介護福祉士/管理者

山上 英久
ヘルパーステーション ハンズケア
2018年入職

最も私を評価してくれたサンブレラで、次の一歩を踏み出しました。

以前は建築・土木業界で営業をしており、介護には縁のない人生を歩んでいました。転機が訪れたのは祖父の介護が始まったとき。何もできない自分が悔しく、どうにか役に立てないかと考えていたところ、専門学校へ行くチャンスに恵まれました。勉強する中で興味を持ったのが、精神科での介護。難しい分野だと知りましたが、どうせ転職するなら厳しい環境に身を置こうと、精神科病棟で7年間経験を積みました。サンブレラに転職したのは、そろそろ外を見てスキルアップしたかったためです。複数内定をいただいた会社の中で、最も私を評価してくれたのがサンブレラでした。待遇や入社後の具体的なビジョンを明確に提示され、1番力を発揮できそうだと思ったのです。2018年10月に管理者候補として入社し、2019年2月にヘルパーステーションの管理者になりました。現在はサービス付き高齢者向け住宅『スローリビング番町』の責任者となり、エリアマネジャーも担っています。

詳細を見る

家族のように心を近づけ、一歩下がって全体を見る管理者に。

松田 達弥
有料老人ホーム スローリビング原尾島
2018年入職

失敗を恐れずチャレンジできる環境。20代で管理者になりました。

高校卒業後から介護を続けていますが、実は農業高校の畜産科出身です。動物が好きで夢は酪農家でした。しかし勉強するうちに仕事にするのは違うと思い、進路を変更することに。モノよりは人に向き合える仕事がいい。特に子どもは好きだから、保育士もいいけど、ピアノは弾けないし…。悩んだ末、自分がおじいちゃん・おばあちゃん子で、高齢者との関わりも好きだと気付き、介護を選びました。他法人で7年半経験を積み、当社は2社目です。サンブレラを選んだのは、目標を実現できそうだったから。面接で入社後のビジョンについて聞き、興味のあった管理職を目指せそうだと思いました。入社して感じた当社の良さは、失敗を恐れずにチャレンジできるところです。上司は失敗が不利益につながらないよう状況を整え、「失敗を恐れずどんどんやって」と背中を押してくれます。多くのチャンスをもらい、念願叶ってサービス提供責任者になりました。2020年11月からは、有料老人ホーム『スローリビング原尾島』の責任者を任されています。

詳細を見る

「介護」とは、利用者様を尊重し、できないことをお手伝いするもの。

介護職

中野 友起子
小児障害機能ホーム 和楽の里 倉敷中洲
2019年12月入社

もっと何かできることはないか。そう思ったのが転職のきっかけです。

もともと家族の介護経験があったものの、「介護」が身近すぎることもあり、以前は仕事にしようとは思っていませんでした。そこで選んだのが、興味があった歯科助手。22歳からスタートし結婚・出産を経て、復職してからは7年間勤めました。尊敬できる院長のもとで働いていましたが、資格を持たない歯科助手では手掛けられる仕事が限られており、もっと何かできないかと考えた結果、幅広く人をサポートできそうな介護職への転職を決めました。その後、介護福祉士実務者研修を取得し、就職。『サンブレラ』を選んだのは、見学に訪れた際、利用者様の笑顔が印象的でとても雰囲気が良かったから。また、建物もキレイで換気が行き届いており、清潔感があったのも大きいです。人間関係が上手くいくか入社前に抱いていた心配は、初出勤の日、先輩から気さくに挨拶していただけてすぐに消えました。仕事面でも、知識・経験がなくても周囲が支えてくれる環境なので、とても心強かったです。現在は介護福祉士を目指し、日々経験を積んでいます。

詳細を見る

PAGE TOP