vol.

04

平成福島苑

2018年入職

介護課長

あなたの介護観をぜひ、私たちに聞かせてください。

Interview

  • QESTION
    平成福祉会へ入職したきっかけを教えてください。

    アイデアを出し合って実行できることが、オープニングスタッフの醍醐味。

    小さい頃、一緒に暮らしていた祖父が在宅酸素療法をすることになりました。当時は介護サービスが今ほど充実しておらず家族での対応は大変でしたが、祖父は「おまえがおると安心や」といつもニコニコしていたんです。それがきっかけで介護職ひとすじに25年間励み、現在は縁あって平成曽根崎苑で介護課長をしています。オープニングスタッフとして入職し、一から施設をつくっていくのは責任を感じました。ですがそのぶん、普段のサービスやイベントなど、前例にとらわれずより良い介護方法を考えて進めていける魅力があります。スタッフ一人ひとりが「ご入居者様にこう接したい」と自分の介護観にもとづいたアイデアを出し合って実行に移せますし、そうした日々の取り組みでご入居者様が満足してくだされば何より嬉しいですね。

  • QESTION
    仕事にあたって、心がけていることはなんですか?

    ご入居者様の自信につながる「見守る介護」も、私たちの大切な役目です。

    私たちは複数のご入居者様と関わっていますが、集団としてとらえるのではなく一対一で向き合う姿勢を常に忘れないようにしています。ご入居者様の健康状態や個性は異なりますし、日によってもコンディションが変わるもの。中には要望を声に出せない方もいらっしゃいますので、ご入居者様が何を求めているのか日々じっくり観察して判断することが肝心だと考えています。また、介護というと「手を貸す」役割というイメージが強いかもしれませんが、時には「見守る」介護に徹することも必要。寝たきりで立てなかった方がリハビリに励んだ結果、数か月に歩行器で歩けるようになったり、トイレ介助を一部必要としていた方が、時間をかけて自分ですべてできるようになったり…。ご入居者様が自信や達成感を得て喜ばれる姿を目の当たりにすると、心から「すごい!」と感動しますし、こちらも励みになるんです。

  • QESTION
    職場の魅力を教えてください。

    いろんなタイプのスタッフが活躍中。あなたも個性を生かして輝けます!

    シフトを作成する時には、ひと月に2回希望休を申請して無理なくスケジュール調整できるのが平成福祉会のいいところです。子育てなど家庭の事情も相談に乗っていただけますし、スタッフ全員でも考慮し合っていますので、長期的に活躍したい方も安心して働ける環境ではないでしょうか。また、スタッフの層が老若男女幅広いことも特長です。前に出てレクリエーションを進行するのが得意だったり、細かい作業を準備するのが好きだったり、いろんなタイプの人たちが集まっているからこそ、やはり個性豊かなたくさんのご入居者様とコミュニケーションを図っていけるんですよね。ご高齢の方と関わることが好きで、相手を大事にしたいと思う人であれば、どんな人でも活躍できる場面はきっとあります。一緒に働ける日を楽しみにお待ちしています!

RECRUIT 平成福祉会の一員になって
一緒に働きませんか?