スタッフインタビュー

大型免許を活かすため転職。 人との出会いを楽しんでいます。

小林 暁史
運輸事業チーム
産業廃棄物運搬運転手
課長
2004年入社
リサイクル事業は、非常に奥の深い世界。入ってから学ぶことが多かったです。

転職したきっかけは、知人の紹介です。業界についての知識はほとんどなく、若いときに取得した大型免許を活かせる仕事がしたかったので、渡りに船のような感じで入社しました。運転手をするためには、まず商品を理解する必要があるため、だれもが最初は仕分け係から始めて経験を積んでいきます。私もそうやってキャリアをスタートしました。金属の仕分けだけでも種類が多く、ブリキ・薄い鉄・厚い鉄・モーター・ステンレス・銅・アルミなどに分けます。これほど細かく分別するとは知らなかったので、興味深かったですね。入社から2年ほど経って、満を持して大型トラックの運転手に。先輩に横乗りしてもらいながら研修を受け、初めて運転したときはうれしかったですが、事故を起こしてはいけないという責任感も芽生え、気が引き締まる思いもしました。そのときの緊張感はいまでも覚えていて、運転の際は初心を忘れず事故防止に努めています。

略歴
鉄工所や漁師など他業界で働いたのち、知人の紹介により2004年に『古勝』に入社する。製鋼の仕分け作業を通して商品知識を身に付けてから、運転手にキャリアチェンジ。着実に実績を積み上げたことで、現在は課長としてチームの管理を行っている。

安定感と人間関係が強み。 会社もまだまだ成長中です。

川島 康裕
総務管理チーム 部長
2018年入社
県内でも有数の歴史と実績を誇り、安定した仕事量があります。

『古勝』では企業から出る一般廃棄物や鉄スクラップなどを、リサイクルしやすいように整える中間処理を行っています。暮らしに結び付く仕事をしているからこそ、需要が途切れることはありません。長く働きたい方にとって最適な職場といえます。また、なかなか耳にしない業界ということもあって知られていない部分もあり、代表的なものをあげるならば金属の中間処理がそうです。回収してきた金属のほとんどは、そのままリサイクル品として出荷できないため、たとえば大きすぎるものは溶断して細かくしています。つまり、溶接の技術を活かせるのです。天井吊りクレーンやパワーショベル、フォークリフトを操作する機会も多くあり、実は別業種で磨いてきたスキルをそのまま活かせます。未経験から始めやすく、資格を活かしながらも心機一転して違う業界で働きたい方は、ぜひ応募してほしいですね。

略歴
別業界であった前職でも管理職として、財務・税務会計や人事・労務関係の仕事に携わる。その後に転職サービスを通じて、2018年12月に『古勝』に部長職として入社。6名いる部下を率い、会社の事務全般を取り仕切る。

『古勝』で働いたことで、 精神的にも成長できました。

岡野 雄大
環境事業チーム
倉庫内作業員 主任
2014年入社
「重機に乗ってみたい」が入社のきっかけ。そこから、学んでいきました。

この仕事をする前から、『古勝』の近くを車で通ることが多く、重機を見かけるたびに乗ってみたいなと思っていました。前職が期間満了になった際に職業安定所に通い、当社の募集を見つけたのが応募のきっかけです。何も知らないところから飛び込んだので、最初に驚いたのはリサイクルできる品目の多さでした。私が担当する産業廃棄物の中間処理では、契約する会社から持ち込まれたひとかたまりの廃棄物を「木材」「紙類」「鉄」「プラスチック」などに何名かで手分けをしながら仕分けていきます。覚えることも多く、入社時は時間もかかっていましたが、先輩たちが効率の良い選別の仕方を横について教えてくれたので一歩ずつ成長できました。資格も会社負担で取得し、いまではパワーショベルやフォークリフト、ホイールローダーと呼ばれるショベルカーも操作しています。それに仕事を通して、エコへの意識も高まり、プライベートでも念入りに分別を行うようになりました。自分のがんばりが温暖化の防止にも役立っていると思うと、誇りを持って働けますね。

略歴
前職は物流業界でリフト作業員として従事。期間満了となったあと、2014年に『古勝』に入社し、環境事業チームの倉庫内作業員として活躍する。2018年には主任に昇進。リーダーとして、周りの仲間たちをけん引している。