増井 美帆

正解がないからこそ夢中になれる、それがお店づくりの醍醐味です

増井 美帆 2013年入社
BREEZEあべのキューズモール店
店長

中途採用 INTERVIEW 00

MASUI
MIHO
INTERVIEW

お客様との関係が深まれば、おのずと仕事が楽しくなってきます。

接客経験はありましたが、販売の現場にはまた違うやりがいが待っていました。お店まで顔を見に来てくださるお客様は、販売職ならではの充実感をもたらしてくれる存在。こちらのことを覚えていただこうと、接客中に少しでも会話が弾んだ方には、後日来店された際に「この間も来てくださいましたよね」と話しかけるよう努めてきました。その結果、前任店舗のお客様が、あべのキューズモール店にも足を運ばれるほどに。店頭に立つ私たちが親しみやすい雰囲気づくりを心がければ、ブランドへの親近感にもつながってくると思います。

複数の店舗を経験してきたことが、店長業務のベースです。

当初から正社員登用を希望していたこともあり、アルバイトのころから複数の店舗で販売キャリアを積ませてもらえたことは、いまでも大きな糧になっています。同じ作業も、店舗が違えばやり方が異なるもの。効率的な方法があれば、異動した先の店舗でも積極的に取り入れてきました。また、さまざまな個性を持つスタッフと関わるなかで、育成・指導時の対応力が向上した実感もあります。私の指示を待たずに次の行動に移ってくれるようになったり、苦手な業務を克服したりするスタッフの姿を見るにつれ、嬉しい気持ちにさせられますね。

複数の店舗を経験してきたことが、店長業務のベースです。

スタッフの声を楽しいお店づくりに反映させるまとめ役として。

店長を務めるようになって約2年、売上管理やスタッフ育成などのマネジメント業務にも、ずいぶん慣れてきました。とはいえ、あべのキューズモール店での勤務は、まだ始まったばかり。目の前のお客様に丁寧に対応するのはもちろん、スタッフ一人ひとりの人柄も把握し、働きやすい職場づくりを目指さなければなりません。私が理想としているのは、スタッフの声が活きる楽しい雰囲気のお店。「この商品はこういうイメージで見せたい」といった意見にはきちんと耳を傾け、店舗運営に取り込むことで、お店を盛り上げていきたいです。

MESSAGE

MESSAGE

店長を任されることが決まったときは、不安を感じたのが正直なところ。やるしかないという思いで自らを奮い立たせる一方で、周囲の支えが何よりの救いになりました。スーパーバイザーをはじめ、先輩方が口を揃えて伝えてくれたのが「正解なんてないよ」という言葉です。つまりは人それぞれにやり方があり、店長の数だけお店にも個性があるということ。新たなポジションにも自然体で臨めばいいことを知り、ふっと気持ちが楽になりました。今後もこの言葉を胸に、自分らしいお店づくりを模索していければと思います。