株式会社ファノバ 採用ホームページ [採用・求人情報]

求人検索

スタッフインタビュー一覧

浄水場は、人々の暮らしが見える仕事。自身の成長が、会社の成長につながるやりがいがあります。

設備管理(大阪府内上水施設) 2015年入社

妹尾 地洋

とても身近なのに、まったく知らない水道水の世界。

もともとSEの仕事をしており、現在のような業種はまったくの門外漢でした。それでもやってみようと思った理由は、公共インフラに関わる社会性の高さにあります。未経験のまま飛び込むとたくさんおどろくことがあり、たとえば私が働く「太中浄水場」では地下150m以上の深さから水を汲んでいますが、そのままでは飲めません。取水した水は鉄分や養分を含んでいるため濁っていて、においもあります。薬品を用いて汚れを取り除き、さらにろ過することで、安心して飲める透明な水道水になるのです。私の仕事は、取水から地域に配水するまでの工程を監視する役目。PCに送られてくる情報を大きなモニターに映し、各工程で使用する機械に異常がないか、配水する量が適切かをチェックしています。日勤なら3名、夜勤なら2名でチームを組み、複数の目で監視しているので、コミュニケーションを取る機会も多いです。特に水道の利用がほとんどない深夜帯は業務に余裕が生まれるため、軽く世間話をすることも。そういう環境があるので、職場の先輩たちともスムーズに馴染めました。

詳細を見る

2回目の転職で見つけた一生懸命になれる職場。手厚いカバー体制のおかげで日々成長できています。

設備管理(大阪府内下水処理施設) 2017年入社

寒作 勝

丁寧な研修と、やさしくフォローしてくれる先輩たちが魅力です。

前職までは事務系の仕事をしており、もっと人の役に立つ仕事がしたいと考えていたときに見つけたのが『ファノバ』です。設備管理という専門的な職種でしたが、無資格から挑戦できることも魅力でしたね。何もかも知らない状態だったので、面接の際に実際に働く下水処理場に案内してくれたのはありがたく、おかげで不安を解消してから入社にのぞめました。その後の研修も充実していて、OJT形式で先輩の横について仕事の流れを覚えられます。私の場合は下水処理場の司令塔である運転監視業務の見習い要員として2ヵ月間勤務して、全体の流れがわかるようになったところで新人研修終了。そこから、機器のメンテナンスを行う機械保全部門や水質を検査する水質業務といった部署で勤務し、2020年の4月より再び運転監視業務のメンバーに加わりました。いろいろな部署を経験してきたこともあり、やっぱり覚えることも多かったです。ですが、困っているとだれかが助けてくれるので、乗り越えてこられました。やさしい先輩が揃っているからこそ、逆に「甘えてはいけない」と身が引き締まる思いになれます。

詳細を見る

PAGE TOP