スタッフインタビュー

職員の個性や目標に合わせて社内教育をしています

課長
近藤慶一
リハビリ技術をご提供し、お役に立ちたいと考えたのが入社したきっかけ

私は、作業療法士としてご高齢の方や精神科に通う方、地域の方に向けてリハビリを行ったり地域の健康な方に向けて健康講座を開催したりしていました。
いま一度、高齢者施設でリハビリの技術を提供させていただき、お役に立ちたいと考えたことが入社したきっかけです。
現在は、介護職の方やセラピストの方の教育、施設の委員会の運営、地域の方に向けた健康講座を行っています。
より良いサービスを提供できるように、施設の見直しや改善をしながら仕事に取り組んでいます。

スタッフとのチームワークも良く、仕事をするのが楽しい職場

近藤沙織
職員とご利用者様との距離が近い施設

去年の4月に入社。
高校の介護実習で勉強させてもらったところ、他の施設と異なり、ふぁみぃゆ行田は職員とご利用者様との距離が近いと感じました。
とにかくご利用者様とコミュニケーションをする機会が多いというのが印象的で、それを見学して働いてみたいと思ったのが、入社したきっかけです。
現在は、主にご利用者様の身体介助をしています。
入社当初は、まず失礼のないように、ご利用者様の顔と名前を一生懸命覚えました。
そして先輩の身体介助を見学して、自分でも実際に介助を行い、徐々に仕事を覚えていきました。はじめは、ご利用者様の思いを汲み取ることが難しかったのですが、どんどん介助をして関わっていくうちにご利用者様が次に何をしたいのかがわかってくるようになってくるので、それが楽しいですね。