スタッフインタビュー詳細

ただ単に仕事をご紹介するだけではなく、人生を好転させるためのお手伝いがしたい。

キャリアコンサルタントを志したきっかけはなんですか?

前職では、生活保護を受給している方や、障がいをお持ちの方に対する就労支援を行っていました。仕事を通して「働きたい気持ちはあるけれど、どうやって仕事に就けばいいのかわからない」という方々に対し、手助けがしたいという想いを強く抱くようになりました。ワークネットに入社したのは、神戸への引っ越しがきっかけ。転職活動にあたっても、求職者のサポートに取り組みたいという気持ちは変わらず、人材派遣業を選択しました。入社後は営業として働きながら、キャリアコンサルタントの資格を取得。会社には「人生に困ったり、つまずいたりしている方を支えるために、この資格を活かしたい」と伝えました。もともと、ワークネットにはキャリアコンサルタントは設置されていなかったのですが、「いいよ。やってごらん」という社長の温かい言葉と、こちらの気持ちを受け入れてくれる社風に支えられて、新たな立場からお仕事探しに携わることになりました。私のチャレンジを受け入れてくれたワークネットの温かさは、派遣スタッフに対しても発揮されるものだと思っています。

キャリアコンサルタントからはどのようなサポートが受けられますか?

スタッフからご希望があれば、予約をお取りして働き方やキャリアアップなどについてご相談に応じています。たとえば、これから目指したいポジションをお持ちであれば、そのために必要なスキルや資格をご提案します。また、各々の希望や目標に応じて、最適だと考えられる仕事をご紹介することもあります。これまでご相談を受けたなかで印象に残っているのは、外国籍のスタッフです。日本に来てまだ1年足らずで、日本語が流暢ではないこともあって仕事を見つけることができず、当社を頼って来られました。その方の幸せのためには、まずは安定した仕事が必要だと考え、長期的に就労できる企業をご紹介することに。無事に就業が決まり、ご本人のみならず、ご家族の方にも喜んでいただけました。この例のように、ご紹介した仕事が足がかりとなり、人生が良い方へ進むことを願っています。

お仕事探しをサポートするうえで、どのような想いを大切にしていますか?

キャリアコンサルタントとして、一番大切にしているのはスタッフの話にしっかりと耳を傾けること。現在のお気持ちをうかがい、目標をお持ちなら応援し、困りごとがあるようなら、一緒に解決できるように努めたいと思っています。同時に、スタッフに気持ちよく働いてもらうためには、派遣先のご要望にも寄り添う必要があるとも考えています。長期的に安定して働いていただくには、スタッフ、派遣先双方にとってメリットがある状態が保たれていることが重要だからです。これからはより一層視野を広げて、お仕事に悩んでいる方の力になっていきたいです。「ワークライフバランスがとれた職場を探したい」「単発の仕事しか見つからない」など、働きづらさを抱えている方や、「未経験から新しい職種にチャレンジしたい」という方は、ぜひご相談にお越しください。しっかりとサポートさせていただきます。

一覧ページへ