貸切バスの仕事を一生の仕事にしたい!目標は「事故ゼロ」で定年退職まで働くこと。

河崎運転手(2018年2月入社)

物流業界から転職し、中堅バス会社から大手バス会社を経て、えびす交通に入社。
バス運転手歴25年以上のベテラン運転手。

新しい会社だからこそ、会社が成長していくのを一緒に実感できる。

Q1)バス運転手を目指したきっかけを教えてください。

大手物流会社の整備部門で働いていた頃、頻繁に整備に来ていたバスの運転手と話をするうちに「バスに乗ってみたい」と思うようになったのがきっかけですね。
父親がタクシーの運転手だったので子どもの頃から乗り物は好きでしたが、まさか自分も運転手として働くことになるとは思ってもみませんでした(笑)。
バスに乗るなら貸切バスが花形というイメージがあったので、貸切バスに絞って面接を受けに行きましたが、ことごとく断られてしまって…。
当時は今と違いバス運転手は狭き門で、大型二種免許を持っていても経験が無いと採ってもらえない時代でした。
まず、大型トラックで1年経験を積んでから、地元、北海道のバス会社に就職しました。
それからは、貸切バス運転手一筋!北海道で10年、地元を離れて15年勤めた後、今年の2月にえびす交通に入社しました。

Q2)えびす交通を選んだ理由は何ですか?

同じバス運転手でも「路線バス」「高速バス」「貸切バス」「送迎バス」、どのバスに乗るかで仕事の内容や醍醐味は違ってきます。
私の場合は、毎回、色んな場所へ行かせてもらえるのが楽しかったので、貸切バス運転手の募集を探していました。  
貸切バスでも最近では、外国人観光客が年々増えていることもありインバウンドの仕事が人気ですが、インバウンドを専門でやっている会社には興味が無くて…。
インバウンドが嫌な訳ではなく「夜行バスだけ」とか「遠方が中心」とか、仕事が偏っているバス会社には行きたくなかったんです。
そんな時、転職サイトでえびす交通を見つけ、日帰りツアーの仕事を中心に学校の遠足や修学旅行、インバウンド、夜行バスと仕事が多岐にわたっていて面白そうだなと思いました。
また、バス業界はシーズンとシーズンオフで給与の変動が大きいのですが、えびす交通では最低金額が保障されているので安定した給料がもらえる点もいいなと思い応募しました。

Q3)働いてみて感じた会社の魅力を教えてください。

古くからのバス会社というと、どうしても上下関係が厳しくて馴染むまで1年位はかかるんです。
でも、えびす交通は創業間もない会社というのもあって、分け隔てなく親切にしてもらえますし、まだ入社して4ヶ月位ですが、すごく居心地がいい(笑)。本当にありがたいです。
何社かバス会社を経験した中で、今までの会社とは違うなと感じる点は「これからの可能性」。
今まで勤めていたバス会社は、どちらも何十年も続く会社で既に会社の形が出来上がっていましたが、この会社は、まだ出来て3年目ですので新しい事を取り入れて、どんどん変わっていける所が魅力です。
「次はどんな風になるんだろう。」という期待と、会社が成長していくのを一緒に実感できるのが楽しみです。

Q4)どんな時に働くやりがいを感じますか?

桜や紅葉など季節に合わせて、関西を中心に多くの観光名所などをコースで回らせてもらい楽しく仕事をしています。
北海道で働いていた時は、冬になると雪でどこも通行止めになってしまい、山の中に閉じ込められたり「ちょっとヤバいかな…」と思った事が何回もありました。
でも、この会社に来てからはそういった雪の心配や、危険を感じたことは全く無いですね(笑)。
日帰りツアーの仕事が多いので、その日のうちに家に帰れますし以前より体力的な負担も減りました。
働く上でのやりがいは、やっぱり観光の仕事なのでお客様に喜んでもらえるのが何よりです。
「運転手さん良かったよ。」「楽しかったよ。」とバスを降りる時に言ってもらえるのが嬉しいですね。
お客様はご年配の方も多く、自分の母親ぐらいの年齢の方と接することや一緒にお話しすると、親孝行をするような気持ちになります。これからもお客様にとって素敵な思い出になるような旅のお手伝いをしたいと思っています。

Q5)どんな運転手になりたいですか?今後の目標を教えてください

やっぱり安全が第一です。
安全に目的地まで届けることに気を配り、かつ、お客様にバス旅行を楽しんでもらいたいです。
時代の流れでもありますが、えびす交通でも安全装備が完備されたバスを導入しており、昔に比べてドライバーが安心して運転できるようになりました。
でも、一瞬の気の緩みが事故につながるので、毎日「気を引き締めてやらないと」と思っています。
この仕事を一生の仕事にしていきたいので、これからも事故を起こさないように安全運行で定年退職まで勤め上げることが出来たら…。それが私の目標です。

一覧ページへ