スタッフインタビュー詳細

プロの看板デザイナーへ、イチから育てます。

Iさん
看板グラフィックデザイナー
正社員 入社11年目
―転職のきっかけは?

前職は製造業で働いていましたが、デザインの仕事に憧れがあったんです。職業訓練所でIllustratorやPhotoshopの勉強ができたので、そのスキルを活かしてビックワンに転職しました。

―実際に入社していかがでしたか?

看板デザインは、ちょっと特殊な業界でした(笑) 
デザイン以外にも必要な知識が多くて、地域の条例や、看板の構造を考慮した提案が必要なんです。そんな業界ならではの知識を身につけるのに時間がかかりましたね。
でも、先輩たちがとても丁寧に指導してくれたので、着実に成長できましたし、その分多くの知識やスキルを身に付けられました。

―お仕事のやりがいは?

ショッピングモールなど大型案件は手間と時間がかかりますが、終わった時の達成感は大きいですね。
大型看板のほか、施設内を案内する誘導看板など設置場所を含めて考えます。完成した施設の快適性に繋がるので、やりがいは十分にありますよ!

―Q.どんな人が向いていると思いますか?

正確な作業ができる人です。
看板の図面はスケール1/30、1/60など様々な縮尺で制作するので、図面が1mm違ったら実物はその30倍、60倍ズレてしまうんですよ。でも、慣れるまでしっかりチェックするのでビビらないで下さいね(笑)

―求職者にメッセージをお願いします。

入社時は、IllustratorとPhotoshopの基本操作ができればOKです。
OJTにて仕事の流れをレクチャーしながら、あなたの習熟度に合わせて、一つひとつ仕事の幅を広げていきます。焦らず着実に自分のものにしていけば、必ずスキルは身につけられますよ。
面倒見の良いスタッフばかりなので、困った時には遠慮なく頼って下さい。コミュニケーションを大切にできる方、お待ちしています。

一覧ページへ