スタッフインタビュー

お客様の喜びが私の原動力!

◎入社のキッカケ

ビック・ママのことを知ったのは、服飾の専門学校在学時にアルバイトを探していた時に見かけた求人誌。
お直しという仕事に興味があったこともあり、アルバイトとしてビック・ママに入りました。
それまで飲食店など様々なアルバイトを経験してきたのですが、
このお直しの仕事は、思っていた以上にお客様と触れ合う機会が多く、
また、感謝の声をダイレクトにいただけるということに、他では得られない魅力を覚えました。
卒業と同時に正社員として入社したのは、もう自然の流れですね。

周りのみんなの協力に感謝してます!

◎入社のキッカケ

私がビック・ママに入ったきっかけは、子育てが一段落したタイミングでもう一度外で働きたいと思ったから。以前に縫製会社の工場に勤務していた経験もあり、やっぱり洋服に携わる仕事、ミシンを使った仕事がしたいと思って探したところ、ビック・ママの求人情報を見つけました。実は、当初は、技術専門のお直しスタッフを希望。しかし、技術的に難しいということもあって、接客をしながらお直しもすることで、徐々に技術も磨けるということに魅力を感じ、フィッティングアドバイザーとして入社しました。

働き方を選べ、働きやすい環境です。

◎入社のキッカケ

ビック・ママに入社したきっかけは、専門学校に来ていた求人票がたまたま目に留まったから。当時はまだ店舗も1店舗しかなかったのですが、インターンのような形で入ったら、会社の雰囲気も良かったので、卒業と同時に正社員として入社しました。その後、実は、一度アパレル企業へと転職。しかし、その会社では企画職として働いたものの、女性がずっと長く働き続けられるイメージがどうしても持てずに退職。結婚や、出産、育児という環境の変化があっても、将来的に長く続けられる仕事がしたいと考えた結果、ビック・ママに戻ってきました。

協力し合い、子供がいる母親も家庭と仕事を両立できます!

◎入社のキッカケ

仙台の大学を卒業後、関東のアパレル企業に就職。独身時代はずっとそこで働いていたものの、結婚を機に退職。そして、出産を機に、夫と共に仙台へ戻って着ました。子供が1歳になり、再び働きだしたいと思い、託児所付きの求人を探していた時に、ビック・ママが新たに託児所をオープンさせるという情報が目に留まりました。独身時代に勤めていたアパレル企業は大変忙しく、とても子育てをしながら働ける環境ではないと感じていたこともあって、特にアパレル関係にこだわったということではなく、子供優先で再就職先を考えていた折だったので、タイミングよくご縁があった形ですね。

子供たちが苦手を克服し、「おいしい」と言ってもらえるのが喜び!

◎入社のキッカケ

Facebookで栄養士さんの工夫を凝らした給食や食育の様子を見て、ビックママランドに興味を持ちました。現代社会は食物アレルギーや偏食により栄養バランスが偏っている子が多く、私は給食の提供だけでなく、食育を通して「食」に興味を持ってもらいたいと思っていました。また、ビック・ママの「女性の働く場を整える」女性に優しい職場と感じ、応募を決意しました。

ママたちが安心して働けるようにサポートすることを心がけてます。

◎入社のキッカケ

以前は大きい保育園に勤めていたのですが、一人ひとりをじっくり保育できる小規模保育園に興味を持ち、応募しました。企業内保育園なので、ママが1階で働き、2階でお子様をお預かりする環境です。2歳児さんは1階でママが働いていることが分かっていて、お散歩に行く時「ママ頑張って」と声掛けする姿がとってもかわいいです。ママたちが安心して働けるようサポートしていきたいです。