スタッフインタビュー

どんな人でもそれぞれのキャリアを活かして、輝ける場所をつくりたい

井下田 久美子さん
看護師長
2001年入社
病院として力を入れていることを教えてください

現在は床ずれのケアに力を入れています。
皮膚科の医師と連携を取りながらヘルパーさんの協力も得て、体交や吸引、タッピング、口腔ケアの回数を増やしました。また、QOLを高めるための入浴ケア、ベッドでのリハビリも患者さまの状態を見ながら施行し、安楽な療養をしていただけるように心がけています。

介護も看護もディスカッションで互いの立場を尊重

中村 志津子さん
看護主任  
1996年 入社
業務内容についてお聞かせください

現在は看護主任として、通常の看護業務のほか、院内のチームをまとめる役割も担っています。
浅野病院は大きく看護職、介護職とチームが分かれていますが、お互いの立場を尊重しながら業務をこなしていますよ。
もちろん、ときにはお互いの意見がぶつかることもありますが、そのときはしっかりと話し合うことを大切にしています。
また、それと同時に若い職員の意見やアイデアも根拠がしっかりしていれば積極的に取り入れるようにしています。