スタッフインタビュー

働きやすいから頑張れる、小規模だからお子さんと向き合える、魅力いっぱいの職場です。

Nさん
あおぞら保育園
保育士
2015年入社
パート勤務
自分の育児も大切にできる働きやすさが魅力です。

保育士歴は、トータルで約13年。認可保育園で7年間勤めた後、結婚してからは3年ほど別の保育園で働いていました。下の子が幼稚園に入ったのを機に、午前中だけ働ける職場を探していました。そこで見つかったのが、「あおぞら保育園」です。9~13時の勤務で土日がお休みという条件がピッタリで、自宅からも近くて車通勤できる点が魅力でした。もう4年目になります。
入社したときに園長先生から1つひとつ丁寧にご指導していただき、ありがたかったです。分からないことも、嫌な顔ひとつせず教えていただけました。また、常勤の職員さんだけで物事を決めるのではなく、パートにも意見を聞いてくれます。常勤とパートの垣根をあまり感じない、人間関係がとてもいい職場ですね。子どもが熱を出しても気兼ねなく休ませてもらえたり、春と夏に長期休暇が取れるところも働きやすいです。保育士という仕事をしていますが、ここなら自分の育児も大切にしながら働けますね。

直接見られる園児の笑顔がうれしい!料理の腕前も上がります。

Mさん
あーす保育園六本松
調理員
2017年入社
パート勤務
「好き」を生かして、こだわりの給食づくりにチャレンジ。

「あーす保育園六本松」で、子どもたちのおやつづくりをメインに担当しています。元々お菓子づくりが得意だったのですが、妹に子どもが生まれたのをきっかけに、2歳児までの子が食べるお菓子も勉強したいなと思って応募しました。以前は自然食のお店やカフェなど、飲食関係で働いていましたが、給食は初めて。最初は何も分からない状態でした。でも一緒に仕事させていただいている栄養士の方がとてもいい方で、栄養価のことなど教えてもらいながら働いています。
市が提供しているメニューを元に、すべて手づくりにこだわってつくっています。園児の給食は栄養士の方と一緒につくります。私は朝出勤して、朝のおやつと離乳食づくりからスタートします。給食の仕込みをしたり、洗い物をしたりという作業もあります。朝はフルーツなど簡単なものが多いですが、3時のおやつは肉まんじゅうを生地からつくったりと、凝ったものが多いので、つくっていて大変ですが楽しいですね。

働くママを応援する『アピカル』だから、保護者の方もスタッフも安心して働けます。

Mさん
あーす保育園警固
園長
2016年入社
保育にじっくり取り組みたい方に最適なゆとりある環境です。

現役時代は数百人規模の幼稚園・保育園での勤務が長く、園児をはじめ保護者への対応や先生の指導など、めまぐるしく毎日が過ぎていきました。いつかゆったりとした雰囲気の中で保育にあたっていきたいという思いがあり、平成28年4月にオープンした「あーす保育園警固」で、開設から園長を務めています。小規模園の立ち上げが何件かあった中でも『アピカル』を選んだのは、「働くお母さんたちを応援したい」と、ベビーシッター業からはじまった会社なので、乳幼児教育への理解が深いと感じたから。開設にあたって事務作業などを担当してくれる社員の方も幼稚園教諭や保育士の資格を持った現場を知っている方なので、心強かったですね。遊具をそろえたい、研修に行きたいといった現場の思いを聞いてくださるので、とても運営しやすいです。
「働くお母さんたちを応援」するのは、職員についても同じです。時間通りにきちっと業務を終えるため、ほぼ100%残業はナシ。月に一回の職員会議は業務時間内に行い、行事もシンプルにして、仕事を持ち帰ることのないよう効率よく進めるようにしています。1ヶ月前には休みの希望を聞いてシフトを組むので、連休も取ってもらえますよ。