求人検索

検索条件を設定する
職種
勤務地
雇用形態
キーワード

新着情報

メッセージ

「ひとりにはしない」
人をつないで、まちの医療を支える。

病で困っている方に寄り添うお仕事

重い病気を抱えているのに、今の医療制度の中では、病院にいられず、かといって、自宅にいるには家族の負担が大きすぎる。
そんな「行き場のない方」がいます。

「医心館」は24時間365日、看護師・介護士による訪問看護・訪問介護・見守りサービスを行う有料老人ホームです。
「行き場のない方」やそのご家族の支えとなる、在宅型のホスピスあるいは緩和ケア施設というべき療養施設です。
医師はアウトソーシングしており、常駐していません。

外部の主治医・ケアマネジャー等地域医療に従事する医療者をつなぎ、まちの医療を支え、ひとりを支えるプラットフォームになっています。
まずは「病で困っている人に寄り添いたい」という気持ちを持ってきてください。地域医療ニーズに応える、やりがいのあるお仕事です。

【アンビス医心館 座談会 公開中です】 https://www.youtube.com/channel/UCGqipCViD-4yZlUXa_F7jyA

弊社代表取締役からのご挨拶

代表取締役 柴原慶一
名古屋生まれ。医師・医学博士。
京都大学医学部大学院(分子生物学専攻)。
研究テーマは遺伝情報の複製機構の解明。
公的病床の福祉への再活用、東日本大震災復興支援、社会福祉法人設立、民間医療法人MA・再生などを経て、2012年株式会社アンビス設立。
以降、医療施設型ホスピス(医心館)事業を展開している。東京都在住。趣味はスポーツ観戦と海辺で休むこと。
座右の銘は「万事塞翁馬」「飲水思源」「Stay hungry, stay ambitious」。
夢は若手研究者を支援する財団を設立すること。
皆さんの新しい挑戦への第一歩をお待ちしています。

人の痛みを自分の痛みと同様に感じることはできません。
また痛みを抱える人をケアしていると、とても辛く、時にどうしていいか答えが見つからないこともあります。
だからこそ、痛みに寄り添うしなやかな感性とそれを支える責任感や高いスキル、あるいは仕事に対する情熱や向上心を備えた、前向きな人が私たちには必要です。

私たちの職場は、一般的な病院や介護施設とは異なります。
看護師・介護士が中心となり、困っている方々が安心して暮らせる環境を作ること。
外部の主治医やケアマネージャー、地域の病院と信頼関係を構築し連携すること。
特にこの2つが求められます。
責任は軽くありませんが、入居者様やご家族様に心から感謝され、社会に貢献できる仕事の喜びは大変大きなものです。

私たちは、自身の資格や経験に誇りをもって真摯に仕事をする人、人間性豊かで思いやりと誠意ある、本当の意味で優しい人を求めています。