スタッフインタビュー(2)

日々やったことが必ず結果につながる。そんな面白さを味わって、すっかり清掃が好きになりました。

S・Wさん
パート入社、約1年後に正社員登用
まずはやってみる。それが一番大切だと思います。

会社員を経て実家の自営業を手伝い、その後アイザワビルサービスに入社しました。
清掃はまったくの未経験からのスタートです。
仕事の進め方や掃除用具の使い方は、最初に主任からマンツーマンで教わりました。
一人になってみて分かる感覚もありますが、一週間程度あれば大体のことには慣れると思います。
今は33階建てのビルで、トイレ清掃をメインにエレベーターやエントランスの掃除と、最近では消毒・除菌も行っています。
未経験からチャレンジするのは勇気がいると思いますが、大事なのは“とりあえずやってみる”こと。
まずは始めてみて、それから判断してもいいと思います。
私もそうですが、誰でも最初は未経験なので、気軽に応募してほしいですね。

手が空いた人同士、「お互い様だから」と声を掛け合える環境です。

パートとして勤務していた頃、家庭の事情で休みがちになっていた時期がありました。
そんな時、同僚の皆さんは何も言わずシフトを代わり、仕事をカバーしてくれました。
とてもありがたかったですし、自分もそうしてもらったように誰かが困っているときはサポートしようと思っています。
清掃は個人作業であり、チームワークでもあります。
一人でやっているようで連携は必要ですし、人任せではなく自分の出来ることがあれば手伝う姿勢が大切です。
いざというとき助け合えるのがこの職場の魅力だと思うので、忙しいときも自分のことだけにならないよう常に意識しています。

これからも長く続けていく。それが今の目標。

どんな細かいところでも毎日しっかり掃除していればキレイに保たれるし、お客様から「いつもありがとう」と声をかけていただけることもあります。
逆に、いい加減にやっている場所は少しずつ汚れていきます。
自分がやったことが結果になる、というのが清掃ならではの面白さではないでしょうか。
やることはたくさんありますが、一日が終わるとすべて片付いている、そんな達成感もあります。
ものすごく特殊なスキルが求められるわけではありませんが、今でも新しい知識を得ることがあり、終わりのない奥深い仕事だと思います。
入社してから一年が経ちましたが、自分は清掃が好きだと実感しているので、これから先も長く続けていきたいですね。