スタッフインタビュー一覧

学校も、アルバイトも、どっちも楽しくがモットー!

山田うどん 所沢市ブロック

アルバイトスタッフ

スタッフの経歴
平成26年入社。現在、ホールスタッフとして勤務。週3~4日、1日4~5時間のシフトで、キャンパスライフとアルバイトを両立。

放課後にサクッとお仕事、これが長続きの秘訣です。

大学からの帰り道で立ち寄れるアルバイトを探していて、求人を見つけたときは「ここだ!」とすぐに思いました。初めてのアルバイトでしたが、高校生から20代前半までの同世代が多くて馴染みやすかったですね。年上のパートさんもみんな親切ですし。仕事にも慣れて現在は、週3~4日程度のペースで働いています。週末は人手が足らないのでなるべく出勤していますが、急なシフト変更も事前に相談すれば調整してもらえるのでほぼ希望通り。予定が好きに立てられるから無理なく続けられています。

詳細を見る

『山田うどん』は自分を変えてくれた大切な場所。

山田うどん 狭山市ブロック

アルバイトスタッフ

スタッフの経歴
平成24年入社。大学1年生のときより同店でアルバイトを始める。大学卒業後もそのまま仕事を続け、現在はキッチンを担当。ランチ・ディナータイムを中心に勤務。

笑顔を褒められて、成長を実感。

入社当時は大学1年生で、これが初めてのアルバイト。最初はすべてにいっぱいいっぱいで、嫌なことやイライラすることがあるとすぐ表情に出てしまい、“僕は接客業に向いていない”と挫けそうになっていました。だけど、できないから辞めるのではなく、慣れれば克服できるかもしれないと、前向きに考えようと思って。それから少しずつ意識も変わり、物事を俯瞰的に見られるようになっていきました。そうして一生懸命やっていたら、ふとしたときにお客様から“笑顔”を褒めてもらえて。自分自身の成長を感じられたとき、とても嬉しかったですね。

詳細を見る

みんなでやりきる素晴らしさを知りました。

山田うどん 所沢市ブロック

パートスタッフ

スタッフの経歴
平成27年入社。現在はホールスタッフとして勤務。シフトは週4~5日。ゆくゆくはキッチン業務もできるようになることが目標。

人に恵まれていることが、働き甲斐につながる。

この店で働けて良かったと思うのは、一緒に働く仲間に恵まれていること。周りの人はみんな優しくて、困っているとすぐさま気付いてフォローをしてくれます。自分の仕事だけじゃなく、全員が他の人の動きを見ているから、お店に一体感があるんです。働きやすさってやっぱり“人”。これに尽きるのかなって思いますね。忙しいときをみんなで乗り切ることができると、なんともいえない達成感を味わえます。やりきることって、素晴らしいものですよ。

詳細を見る

『山田うどん』は、第二の我が家です。

山田うどん 狭山市ブロック

準社員スタッフ

スタッフの経歴
平成15年入社。その半年後に準社員になり、現在は週5日で勤務。お昼過ぎには仕事が終わり、夕方は家族との時間を大切にしている。

スタッフも、お客様も家族みたいな温かさがあります。

当店では総勢20名のスタッフが在籍し、年齢や役職に関係なく団結してお店づくりに励んでいます。楽しんで仕事をすることがモットーなので、忙しくてもピリピリした雰囲気はありません。逆にみんなで乗り越えたときの喜びが大きくて、自然と活気が湧いてくるんです。そんなアットホームなお店だから、お客様とのコミュニケーションも積極的になっていきます。ここに来ることが日課になっている常連さんには、会計時に「いってらっしゃい」と声を掛けるなど、まるで家族みたいな触れ合いがあります。

詳細を見る

前向きに仕事ができる、だから上を目指せる。

山田うどん 狭山市ブロック

正社員スタッフ

スタッフの経歴
平成19年入社。オープニングキャストとしてパートで勤務した後、平成21年に準社員に登用。店舗での実績が認められ、平成25年正社員になる。現在は店長代行として活躍中。

ここまで続けられるなんて、自分でもビックリです。

前職でも飲食店や小売店などで接客業をしていて、転職しても人と接する仕事に就こうと考えていました。そんなときに『山田うどん』のオープニング募集を見つけて、これだ!と思い、すぐに応募したんです。仕事が始まってからはイチからお店を作っていく楽しさがあって、これまでとは全然違う手ごたえを感じましたね。毎日が充実していて、仕事に行くのが嫌だなと思ったことは一度もありませんでした。それから数年後、パートで入社した私は、今では正社員。入社当初はここまで続けるなんで思っていなかったので、自分でも驚いています。

詳細を見る