スタッフインタビュー(パート・アルバイト編)

「元気がとりえ」自分の良さを最大限に活かせる場所。

菊池 どんべえ ひたちなか店 アルバイト
H24年高校卒業時に、牛角ひたちなか店で勤務し始める。一度離職するが、H27年に再入社。現在どんべえひたちなか店に勤務。

高校卒業時に入社したのですが、他にもチャレンジしたいことがあって一度離れたことがあります。その時経験した他の飲食店は、静かで落ち着いた雰囲気。正直物足りなさを感じました。やっぱり自分に合っているのは、店員が元気でお客様の笑顔がたくさんみられるお店だって再確認し、『ワイ・グロウス』に戻ってきました。
ここは、上司の社員や店長にも、何でも言いたいことをいえるし、相談できるし、信頼関係がしっかりしています。長く続けてこられたのは、元気がとりえの自分に合っていたということもあるけれど、上司や仲間に支えられたからです。こんなに仲のいい職場ないですよ!
今お店のウリの日本酒や海産物について勉強中。お酒に詳しいお客様から教わることもあり、とても自分にプラスになっています。プライベートで市場に旬の海産物を見に行くこともあるんです(笑)。自分がどんどん成長して、変ってきているのが実感できるから楽しさが違います。

本気でやるから楽しい。そんな仲間が集まっている。

桑名 牛角 けやき台店 アルバイト
H23年に牛角ひたちなか店に入社。一年後、日中の仕事を希望して離職するが、半年後再入社。仕事ぶりが評価されてH27年度アルバイトMVPとして表彰される。

接客の楽しさや、ヤリガイって、仕事に対する取り組み方で大きく変わると思います。
ただこなすだけなら誰でもできる、でもそれだけじゃもったいない。一番お客さまと近いのがホール。接客中に、表情や会話から何を求めているか、どうしてほしいのかを察して、みんなで共有することで、何倍もいいサービスが提供できるんです。やればその分はねかえってってくるし、みんなと嬉しさを共有できるから、どんどん仕事が楽しくなりますよ。
全員でお店を盛り上げていこうという雰囲気だから、お客さまも笑顔を見せてくれるし、誕生日は毎年ここで過ごされる方もいらっしゃいます。
実は最初に応募したきっかけは、牛角なら肉を運ぶだけでラクそう(笑)だったんです。でもここにきて働くことへの考え方が変わりました。自分の成長がお客さまの反応となって返ってくる。会社もキチンと評価してくれる。そんな環境だから、どんどんこうしたらいいんじゃないかという前向きな気持ちが出てくるんです。