求人検索

スタッフインタビュー一覧

会社の可能性を引き出すのも経理の役割。

課長

田中 義宏

スタッフの経歴
吉川事業本部 経理課

会社の屋台骨を背負っている、その責任の重さに身震いしました。

経理の仕事において重要なのが、担当者の知見、情報収集力、洞察力、創造力。経理は法律に則って処理を行うことが求められていますが、これらのスキルの違いによって成果に大きな差が表れます。例えば、経理の重要な業務である「決算業務」。なかでも公共事業の入札参加に必要な「経営事項審査」の書類の作成には、経理担当者の経験・能力が試されます。金融機関との折衝から資金調達まで行う経理課は、まさに“会社の屋台骨を背負っている”といっても過言ではありません。財務をより戦略的に実行するために、最適なシステムの構築に取り組んでいます。

詳細を見る

描いたビジョンに向かって全力で進むのみ。

工場オペレーター

関根 良矢

スタッフの経歴
工場管理部 松伏リサイクルセンター

産業廃棄物リサイクルの未来に可能性を感じて入社を決めました。

就職活動の際には数多くの求人を目にしましたが、なかでもこだわっていたのが地元・埼玉県の企業で働くことでした。そして就職活動のなかで出会ったのが、東武商事だったんです。説明会で日本の産業廃棄物の現状やリサイクルがもたらす未来への可能性を知り、そこから私も環境保全に携わる仕事に興味を持ちました。入社した現在は、当社のリサイクル工場で工場管理・機械オペレーションをしています。ここでは廃棄物の形状・性質に合わせて適切な処理ができる設備を整えているので、多種多様な企業よりご依頼をいただいています。現場の私たちも、お客様や営業との打ち合わせなど人と接する機会があり、工場作業だけに留まらず幅広い業務に携われていますね。

詳細を見る

すべて人の力だからこそ、たゆまぬ学びが必要。

課長

松沢 馨

スタッフの経歴
業務部 松伏リサイクルセンター

どれだけ忙しくても仲間の顔を見るのが私の日課です。

主な仕事は、大きく分けると現場業務と管理業務の二つがあります。現場業務は、産業廃棄物の収集運搬と清掃。管理業務では、車両の管理、社員の教育、採用面接など。午前午後で区切って両方の業務を行っています。また課長として現場をまとめる立場でもあるので、職場環境作りも私の仕事ですね。なかでも大切にしているのが、職場内のコミュニケーション。業務部の仕事は常に社外を動き回っているので全員が集まれる時間は少ないんですけど、その代わりにみんなが現場から戻る前に社内に待機して社員みんなの顔を必ず見るようにしています。表情を見れば、その日の仕事がどうだったのか、疲れてないか、体調を悪くしていないかがちゃんとわかりますから。電話やメールで済まさず、直接話すことを大事にしています。

詳細を見る

PAGE TOP