人事担当者メッセージ

日本の伝統料理、天ぷら。 最高の「技」と「おもてなし」で提供するのが『天一』流。

本社営業部 次長 佐藤
はじめに。

街のお蕎麦屋さんや定食屋さん、ご家庭などでも食べることができる天ぷら。
今や海外でも親しまれるようになった、日本食の代名詞ともいえる伝統料理です。
しかし昨今は、「胃がもたれる」「カロリーが高い」などの理由で控える方がいらっしゃることも事実です。
でも、それは誤解です。
高級ゴマ油などの植物油を使用した天ぷらはむしろ健康食。
皆様が思っているよりもずっと低カロリーの料理なのです。
体に優しくて美味しい天ぷら料理を、広く皆様に味わっていただくこと、それが私たちの望みでもあります。
過去に胃もたれを経験したという方も、是非とも当店自慢の天丼を召し上ってみていただきたいと思います。きっと、違いをお分かりいただけるでしょう。

歴史と伝統を大切に、これからも全国各地に展開してまいります。

私たち『天一』の創業は昭和5年のこと。不況下にありながら、ちょうど大正から続く文化の爛熟期にあたります。多くの執筆家や文化人が来店し、当時のグルメ誌にも紹介されるなど、銀座の歴史の一翼を担ってまいりました。
戦後の復興が進み銀座の街にネオンが戻ってくると、国内の著名人をはじめ、多くの外国人のお客様が足を運ぶようになりました。そして今、『天一』のカウンターは世界中から集うお客様が、天ぷら料理を楽しみながら、かけがえのないひと時を過ごす場所となりました。全国各地のホテルや百貨店にも出店し、より多くのお客様に最高の「味」と「おもてなし」を提供しています。

私たちのモットーは
― 嘘をつかないこと
― 誠実でまじめであること
― 食材にこだわりぬき、安心・安全なものを使うこと
このような想いに共感し、“天一ブランド”を受け継いでくださる方をお待ちしています。

“銀座天一”のブランドを支えてくれる皆さんへ。

創業80周年を迎え、店舗数は57店舗。現在、650名ものスタッフが在籍しています。
もちろん全員が、どこかで下地を積んだ経験者というわけではありません。
「料理や接客が好きだったから」や「手に職をつけたかった」などの理由で、異業種・未経験から飛び込んできた仲間も数多くいます。
当店は、やる気があればイチから技術が習得できます。技術職の調理スタッフであっても、努力次第で3年程で仕込みから天ぷらを揚げられるように。さらに、5年でテーブル席全体の天ぷら、10年でカウンター席を1人できりもりできるまでになれます。基礎から学ぶ天ぷらの技術は、一生ものの宝となるでしょう。
もちろん料理を美味しく召し上がっていただくには、気持ちの良い接客も必要不可欠。接客スタッフと販売スタッフは、ワンランク上の接遇が学べます。
平均年齢は35歳ほど。男女ともに幅広い年代が活躍する会社です。
この採用ページをご覧になった方が、ともに腕を磨き、『天一』を守り立ててくださる仲間となってくだされば幸いです。