求人検索

オープニングスタッフとしての魅力

みんながしあわせに、人生のゆとりが生まれる場所。 「平成福祉会  曽根崎苑」

大阪の玄関口「梅田」にある曽根崎は、大阪の文化や芸術など最先端の情報を発信し、再開発プロジェクトも活発で、常に進化し続けるエリア。近代ビルが建ち並ぶ都会を一歩入れば、1300年以上の歴史ある「露店神社」が都会の喧騒を忘れさせてくれます。新しい文化が生まれ、古き良き歴史が息づく街「曽根崎」であなたの新たな物語を始めませんか。
2018年2月、曽根崎にオープンする「平成福祉園 曽根崎苑」は介護老人保健施設、特別養護老人ホーム、デイサービス、デイケア4つの施設を合わせ持つが13階建て施設。
2階にあるデイケアでは、スポーツリハビリができるジムを作る予定。理学療法士さんが付き添い、介護保険を使って短時間でできるジムを計画中です。
入居者の方には身体機能が低下しないように、お食事の時間はできるだけフロアに出てきていただいて、ゆったりした雰囲気のなかでお食事を召し上がっていただきたいと、広々とした食堂や談話コーナーもご用意しています。
13階はガラス張りのテラスがあるデイサービス。屋上にはラウンジを作る予定で、都会の真ん中で、緑あふれる空間に。夏には入居者様がご家族の方と一緒に花火を鑑賞したり、秋には夕涼みをしたりとくつろぎの空間に。6階にはスタッフがゆっくりお昼ごはんを食べられる休憩室や、更衣室、ロッカーも整っています。
暮らしのそばで。都心のまんなかで、すぐそばにある介護。すぐ手のとどく幸せを一緒に届けていきませんか。

施設長もスタッフもご利用者様も、みんな「はじめまして」のスタート。

居心地のいい場所は、はたらき心地のいい場所でもあります。気持ちのいい空間で、新たな介護のスタイルを創っていきませんか。オープニングスタッフは、113名でスタート。施設長、介護職員、看護職員、ケアマネージャー、相談員、機能訓練指導員など、すべてまっさらなスタッフでスタートします。新しい意見、新しい発想、新しいアイディア、大歓迎です。介護をもっと身近に、もっと暮らしのそばに。介護の可能性を一緒に広げていきましょう。

施設長メッセージ

特別養護老人ホーム 介護老人保健施設
平成曽根崎苑 施設長
中村 顕二

皆様の溢れる想いを乗せて、新たな物語を一緒に創っていきましょう。

新しい施設は13階建、介護老人保健施設100床・特別養護老人ホーム120床。
さらにデイサービス・デイケアのサービスを提供する大規模な複合介護施設となります。大阪文化を築いてきた曽根崎という立地は、関西の玄関口、JR「大阪駅」地下鉄「梅田駅」からも近く、非常に便利な立地条件にあります。関西の玄関口という立地条件を活かし、多くのご入居者様に施設をご利用頂けるよう最先端の介護技術を積極的に取り入れながら、本来の居住に近い雰囲気の中で、温かな介護技術のサービス提供を目標としております。

ご入居者様は、近畿圏内からもご利用される予定となっており、これまでの人生を楽しんでこられた団塊の世代のご利用者様に、これからも更に人生を楽しんで頂ける「幸齢者施設」として、ここから更に幸せが広がっていくような施設を目指しております。
交流スペースでは、たくさんのボランティアさんにもお越し頂き、様々な交流を行いながら、ご入居者様、地域の方々にも開かれた施設としての地域貢献も考えております。

施設も新しく、施設長の私もスタッフもすべてが新しいメンバーで創っていく施設。
介護・看護・機能訓練・生活相談員・ケアマネジャー、最終的には全職種合わせて113名。現在、未経験の方や経験の浅い方は既存の施設で研修を受けて頂き、また、経験者の方にはマニュアル作成や書類作成などをお願いしながら着々と開設準備を進めています。
介護に関して想いがある方、ご入居者様のために、ご家族様のために、想いを持って介護ができる方を求めています。一緒に今までにない新しい介護のカタチを創っていきましょう。

PAGE TOP