スタッフインタビュー

子どもの成長を間近で感じながら、食の楽しさ、大切さを伝えたい。

田中 祐美
調理スタッフ パート
入社日:2016年入社
職場はまるで家族のよう。みんなから娘や妹のように可愛がられています。

調理師資格を取得するため、2年間の現場経験が必要でしたので、8時半~夕方まである富喜屋の仕事がピッタリでした。もともと高齢者施設に興味があり、幼稚園の調理業務なら施設と似ていると感じていて、将来の役に立つと思ったことも応募の理由です。職場から家が近く、通いやすいところも魅力に感じています。実際、働いてみると職場で一番年下なのは私ですが、職場のスタッフはみんな優しく、面倒見のいい人ばかりです。5、60代の人は娘のように、2、30代の人は妹のよう思ってくれていて、いつも「大丈夫?」と気にかけてくれるなど助けてもらっています。

給食をもっとおいしく、楽しいものにできる栄養士を目指したい。

北之防 玲奈
管理栄養士
入社日:2016年入社
気さくで頼りになる仲間に囲まれ、充実した日々を過ごしています。

前職は介護施設の栄養士でした。以前から食べることと、子どもが好きで、幼稚園や保育園で栄養士として子どもと関わりたい、近くで成長を感じたいと思っていて、ようやく念願叶い2016年4月に富喜屋に入りましたが、一番の決め手は、面接の後のインターンシップで感じたスタッフの人柄です。上司をはじめ、他のスタッフの方も親切、丁寧に教えてくれたことが入社の後押しになりました。現在は三ヶ所の園をメインに担当しています。園によって雰囲気が全然違いますが、この園のパートさんは、穏やかな人ばかりです。歳が近い人もいて、毎日楽しく働いています。