社長のメッセージ

心の姿勢を大切に、ともに大人の女性を輝かせる服を創りましょう。

代表取締役 武藤 正
はじめに。

当社は1994年の会社設立より、「前進あるのみ」の精神で‘服創り’に取り組んでまいりました。創設当初からオリジナル商品の企画・生産を中心に販路を広げ、国内外の工場と築いてきた信頼関係は20年以上にも及びます。現在は、国内の工場ではデザイナーの感性を活かしたプリントの生地を使い、海外の工場では国内の職人には難しい細かな手作業・刺繍などの二次加工を施した製品を仕立て、他社にはない魅力を持った商品を提供しています。
これまで大好きな洋服を作り続けてこられたことは、当社にとって最高に幸せなことです。今後はその活躍の舞台を、‘衣’の分野だけではなく、空間デザインという‘住’の分野まで広げ、ブランドイメージを確立していくことが目標です。

「人は年を重ねる毎に美しくなる」 ―これは、私たちが掲げてきた会社のテーマです。

この言葉は、当社の服創りの根本にある思いであり、スタッフに向けた将来のビジョンでもあります。つまり、当社のすべてが詰まった言葉なのです。
魅力がある人には理由があります。
それは心のありようであったり、内面から滲みでる美しさであったり、胸に抱く誇りであったりするでしょう。ですから、会社は仕事を通じて自分を磨き、美しく年齢を重ねられる場所、働くことに幸せを感じられる場所でありたいと考えています。
そして、それを実現するための指針として、私たちは『三つの輪』『不易流行』『己に負けることは悪である』という3つの言葉を経営理念として掲げます。
“ファッションヴィレッヂ”には、お客様のため、自分のため、家族のため、そしてお店のために頑張っているメンバーがいます。あなたも素晴らしい仲間が待つ環境で、自分自身に更なる磨きをかけてください。

心の姿勢とは―

お客様に対して、常に新鮮な提案を心がけることです。最高のサービスは売れ筋を提供することだと考えています。しかし、いつまでも同じものを提供していては、やがては飽きられてしまうもの。だからこそ、常に新しい商品を生み出し、提供し続けることが必要なのです。
「服創りの思いが一番であること。」は、当社がものづくりに対して課してきた約束事ですが、ただ良い服を創るだけでは、お客様に手にとっていただくことはできません。店頭で接客し、商品の魅力を伝えてくれるスタッフの力が不可欠です。負けない心、あきらめない心、素直な心、考える心、感謝の心、楽しむ心、遊び心をもって、お客様に驚きと発見を提供してくれる方をお待ちしています。