メッセージ

歴史を重ね、おいしさと信頼をもとに新たな挑戦へ。

梅林堂で花開く、新しいあなたのキャリアライフ。

梅林堂の創業は1864年。
現在の埼玉県熊谷市(旧石原村)で、初代久兵衛が小さなお菓子屋さんを開きました。
当時は江戸時代の末期、日本が大きな転換期を迎えていた頃。
当時の熊谷は中山道という京都と江戸を結ぶ街道の宿場町としてにぎわっていました。
慌しく変わっていく日本、そして行き交う人々に一瞬の「幸せ」をお届けしたおいしいお菓子。
それが梅林堂のお菓子作りの原点です。
以来、150年以上にわたり、おいしさを追求しながら様々な工夫を凝らし、お菓子を創り続けてきました。
多くのお客様に愛されてきた梅林堂は、今、新しい風を求めています。
そして、和菓子・洋菓子の製造、店頭での販売の主軸となる基幹業務を大切にしながら、EC事業(インターネット通販事業)、ブランディング戦略の強化など、更なる飛躍へと向かってまいります。
老舗の菓子店としての誇り、確かな技術、お客様との信頼関係、大切に守ってきた梅林堂の味。
全てをさらに大きく育てることが、私たちの使命なのではないかと考えております。
私たちの梅の花が大きく花開く時、一緒に才能の花を満開にする。そんなスタッフの皆様をお待ちしています。

梅林堂コーポレートサイトへ http://www.bairindo.co.jp/

求人検索

検索条件を設定する
職種
勤務地
雇用形態
キーワード

メッセージ

梅林堂で活躍してほしいのは、「積極性」と「新しい視線」を持った人材です。

吉田 昇さん
株式会社梅林堂/製造部/部長

梅林堂が求めているのは、伝統と格式を守りながら新しい時代を切り開く力。
たしかに梅林堂には150年を超える歴史があり、お客さまからも大変厚い信頼・ご愛顧をいただいております。
しかし、これから梅林堂が目指していくのは、伝統と革新性を併せ持った【これからの梅林堂】。
新しい梅林堂を象徴するのが、急成長中のEC事業部や、洋菓子部門の新しいブランド【TORAKICHI】の発足。
古いものにこだわらず新たな挑戦を続けています。

私たち梅林堂が求めているのは、自分から積極的にアイデアや意見を発信していくことができる人材。
肩書きや役職に関係なく、評価された意見はどんどん採用されて形にできる環境です。
自分で「これをやってみたい!」「こうしたい!」という意見があれば、遠慮せずどんどん聞かせてほしいですね。
また、梅林堂では、中途採用も積極的に行っています。
選考の際には経験の有無は重視していません。
それよりも、その方が前職で「どんな経験をしてきたのか?」そして「前職の経験をどのように梅林堂に活かすことができるか?」を見ています。
異業種や異業界でのキャリアのお持ちの方は、私たちにないまったく異なった視点を持っていらっしゃいます。
そういった視点からの意見をどんどん取り入れることで、それまで気が付かなかった梅林堂の【強み】や【弱さ】を発見していくことが成長に繋がると考えています。
こんな経験をしてきた自分だからこそ、こんな視点で梅林堂に貢献できますよ、というアピールをしていただけると、私たちとしてもとても嬉しく、その活躍に期待してしまいますね。